「重力奏法」(ロシア奏法)について

ピアノレッスンクリニック芦屋

0797-55-7077

〒659-0091 兵庫県芦屋市東山町28-19

営業時間/9時~20時ごろ 定休日/不定休

「重力奏法」(ロシア奏法)について

「重力奏法」(ロシア奏法)について

ハイフィンガー王国の日本にロシア奏法という黒船来襲

ピアノを弾いている人

芦屋のピアノ教室「ピアノレッスンクリニック芦屋」では、ロシア奏法(ロシアのピアニズム)で10年余り学んだ講師がレッスンを行います。
芦屋でピアノ教室を運営する当教室もレッスンに取り入れている「ロシア奏法」は、ソビエト連邦の崩壊で職を失った、ロシアのピアノ教師たちが日本に持ち込んだ奏法だと言われています。ただしこの呼び方には異論もあり、「ロシアのピアニズムと呼ぶべき」との意見もあり、どうやら正式名称ではないようです。確かにフランス奏法やドイツ奏法とは呼びませんね。(ドビュッシーの曲を弾くタッチなどは独特の奏法なのですが。)しかし現在の日本ではこの名称がまかり通ってしまっているようなので、当HPでもそのベースになっている「重力奏法」(ロシア奏法)と標記をしていくことに致しました。

 講師の恩師は、戦前の中国大連に生まれ育ち、ロシア革命で亡命中のプロフェッサーに手ほどきから学ばれたという大変幸運な方で、間違いなく私は大学一年生から10年余りロシア奏法で教わったことになります

 美しい音色を出すことから始めるロシア奏法は、『ツィーグラー』(1933独/日本語版1965年)と共通点があり、さらに30年ほど前からようやく日本の一部で知られてきた「重力奏法」とも共通しています。しかしその実体が広く知られていない日本では、これら3つが全く別のものだと思われているようです。

なぜなら、それまで注目されていた新しい「重力奏法」の中身をほとんど理解する間もなく、全く新しい奏法に見える「ロシア奏法」という耳新しいネーミングに目移りしているからです。

 しかし、そもそも「ロシア奏法」の起源は、ショパンとリストに始まる「重力奏法」ですし、古い「ツィグラー~耳から学ぶピアノ教本~」は、そのテキストの一つで、同じく美しい一音を発することから始まり、またどちらも最初は1の指ではなく3の指から始めるという、共通した奏法なのです。 

新しい奏法

日本にも浸透

ピアノが写っている

村八分に代表されるように、日本社会は異質や変化を嫌います。(このロシア奏法が世に知られても、3の指から始める「異質な指導法」は、何と母親たちから強く拒否されることがあるそうです。)
しかしこれまで日本人は、幕末には異質な黒船によって鎖国が解かれて武家政治が終わり、また戦後は米軍の力で民主化が進められるなど、外圧により無理やり変革させられてきた歴史があります。

 ピアノの世界でも、これまで日本のピアノ教育界を独占してきた、硬く美しくない音色で、しかも手に負担が大きいため、膨大な数の中途挫折者・脱落者を生み出してきた、古いハイフィンガー奏法(あの中村宏子さんご自身がそれで大変な苦労をさせられ、そう名付けられたそうです。)があり、それで学んだ大多数の教師たちによって、「家元制度」的に広められた古い指導法が常識でした。しかし時代は今、芦屋でピアノ教室を運営するピアノレッスンクリニック芦屋でも取り入れている「ロシア奏法」(重力奏法)という外圧によって、欧米で百年以上も前から普通に使われていた「重力奏法」(ロシア奏法によるピアノ指導法が、やっと知られ始めてきました。
 芦屋でピアノ教室を運営している当教室では、日本で広く使われている間違ったハイフィンガー奏法ではなく、より合理的で、美しい音色で思い通りの表現ができ、しかもそれが楽に習得できる「重力奏法」(ロシア奏法)で指導しております。
現在芦屋でピアノ教室をお探しの場合は、ぜひ「ピアノレッスンクリニック芦屋」をお訪ねいただき、まずはお気軽に体験レッスンを受けてみて下さい。

革命的打撃を与えるに違いありません

現代最高峰の「重力奏法」

ピアノが写っている

芦屋でピアノ教室を運営する「ピアノレッスンクリニック芦屋」でも取り入れている重力奏法ロシア奏法)は、様々なスポーツと同様に無駄な力を一切使わず、主に手や腕の重さを必要に応じて鍵盤にかけることで、音量も音質も自由自在に変えることができる奏法です。だから思い通りに芸術的な表現力をもった演奏が可能になるのです。
また、重力奏法(ロシア奏法)は、このように運動機能に適合した、現代における最も理想的な奏法なのです。

 これらの合理性を無視して、家元的な師弟関係という権威に安住してきた日本のピアノ教育界にとって、ロシア奏法はまさに黒船来襲となり、保身のピアノレッスン界に大打撃を与えるに違いありません。ロシア奏法を学んでいない彼らには、身にしみ付いた古い奏法が抜けないため、それを弾いてみせることも教えることも出来ないのです。
 芦屋のピアノ教室「ピアノレッスンクリニック芦屋」では、間違った古い指導法ではなく、運動力学に沿った、より合理的な重力奏法・ロシア奏法によるレッスンを行っております。

ロシア奏法は今注目されています

日本のピアノ教育界の夜明け

ピアノを弾いている人

現在ではインターネットが普及し、様々な情報を参考にしながら自分で考え、工夫して学習することができるようになりました。
かつては自分の先生からの情報しか得られなかったため、先生の言われることが正しいと信じるしかありませんでした。

この大きな時代の変化によって、従来のハイフィンガー奏法に固執し、全国の音楽大学などで安住しているピアノ教師たちの淘汰が進んでいけば、どれだけ多くのピアノ学習者たちが助かることでしょう。ようやく日本のピアノ教育界の夜明けがやってきました。

 芦屋でピアノ教室を運営する当教室は、少ない練習量でより速く上達していただけるよう、日々指導法に工夫を凝らしています。またこの指導法を出来るだけ多くの方々に引き継いで頂きたいと思っております。
 これまでなかなか上達しなかったとお悩みの方。ぜひ一度芦屋のピアノ教室「ピアノレッスンクリニック芦屋」をお訪ねください。何事にも成功する「やり方」があります。その方法をお伝えすれば、驚くほど短時間の練習で弾けてしまうだけでなく、プロのように音楽的に楽しみながら弾けるようになります。それがピアノレッスンクリニック芦屋の指導法なのです。

お問い合わせはこちら

〒659-0091 兵庫県芦屋市東山町28-19

営業時間/9時~20時ごろ 定休日/不定休

TOP