講師紹介

ピアノレッスンクリニック芦屋

0797-55-7077

〒659-0091 兵庫県芦屋市東山町28-19

レッスン時間/9時~20時ごろ 定休日/不定休

講師紹介

田島 孝一

田島 孝一

1946年生まれ。大学1年より、学外で恩師江藤支那子先生に10年あまり教わる。

江藤先生は戦前の中国大連生まれ。

日本でピアノを習える人が非常に少なかった時代に、当時ロシア革命で大連に亡命中だった、

モスクワ音楽院のピアノ教授カラムジン先生に、7歳(1916)から手ほどきを受けられたという幸運な方です。

日本の音大に入られると、高い能力のため、当時最高の外人教師、優れたピアニストだったレオ・シロタに師事。

つまり手ほどきからすべて優れた外国教師だけに教わられた、非常に稀な方でした。

 

つまり私は学生からの約10年間は、国内にいながらにして、すべて外国式のレッスンで教わっていたのです。

江藤先生は、特にロシアの先生からの教えが一番役立ったと話されていたので、

そうすると私は、最近日本で注目されている「ロシア奏法」「ロシアピアニズム」(実は重力奏法の一つ)で、

ずっと教わっていたことになります。

ただし、当時から比較的最近まで、世間では一般に、世の中に奏法の名前があることなどまったく知らず、

当然その奏法として教わってわけではありませんでした。

しかし私は、持ち前の探求心から、手をどう使えばより弾きやすくなるか、生徒が今弾けない箇所の原因は何か。

その解決法を常に考えながら練習し、また教え続けてきました。

 


経歴

大阪教育大学卒業後、相愛学園子どもの音楽教室講師、浪速短期大学、武庫川女子短期大学の非常勤講師を経て

神戸女学院大学准教授。

退官後は成蹊短期大学でも教鞭を取りました。

 

神戸女学院大学在任中は、約2年間のドイツ留学で西洋音楽の本物の演奏表現法や、

音楽芸術の背景にある多種多様なヨーロッパ芸術をはじめ広く生活文化を吸収。

帰国直後から、多くの日本人演奏家の、不十分な演奏表現が瞬時に判別できる聴覚が獲得できていることに気付き、

その原因の追及結果を、研究論文として発表(2010)。本年(2020)さらに学会発表する予定です。

簡単に言えば、フレーズ言語のヨーロッパ言語と、ワンシラブル言語の日本語の違いに気づいていない事が原因なのです。

 

滞独中の1991年オーストリアでY.デームス先生のサマーコースを受講。

現在アシュケナージが院長を務める、イタリアのイモラ音楽院副院長のS.フィウッチ教授にもその時教わる。

その後デームス先生は昨年(2019)亡くなられるまで毎年2回来日され、その公開レッスンを聴講し研鑽を続ける。

 

またヨーロッパで25年間演奏活動をされていた('65ドイツで出版された『世界のピアニスト150人』の中のお一人)、

日本最高齢(2019年4月で98歳)現役ピアニストの室井摩耶子氏と知己となり、

2007年以来これまで十数回お宅を訪問して対話を重ね、演奏に対する自身の考えに間違いのないことを確認し続けてきました。

2016年  日中青少年音楽コンクールピアノ部門審査員。(福建省厦門)

 

1992年 独自の「指歩きピアノ奏法®」を研究発表(2007年 DVD 出版・詳細はこの こちらのブログ をご参照下さい)。

誰もが楽に学習できる「合理的な練習法・指導法への研究」をライフワークとして、今なお研究継続中です。

これが「重力奏法」や「ロシアピアニズム」(ロシア奏法)とほぼ同じものだと、最近になって知りました。

 

さらに、もう一つの特徴は、音楽を生み出す作曲家としての音楽力。(以下に主要作品リストがあります。)

その視点から、プロをめざす方や上級者には、ただうまく弾くだけではなく、

人を魅了する演奏、芸術と呼べるほどに音楽表現力をアップする指導をしています。

 


 

ホールで公演された田島孝一作曲による主要作品リスト

 

1.二本のフルートのための「古曲」「舞曲」    ‘71 大阪市立婦人会館

 

2.フルートとチェロのための「詩曲」       ‘72 テイジンホール

 

3.マンドリンオーケストラのための「蜘蛛の糸」

(神戸大学マンドリンオーケストラ委嘱作品)  ‘73 神戸国際会館

 

4.マンドリンオーケストラのための「前奏曲」
(神戸大学マンドリンオーケストラ委嘱作品)  ‘74 神戸国際会館

 

5.歌曲「西方の空」詩:竹中郁
歌曲「五月の雨」 (‘66作曲)           ‘75 テイジンホール

 

6.弦楽オーケストラのための「破」        ‘77 大阪府立青少年会館

 

7.ギターソロのための「水墨画への心象」

「黄山暁雲」「揚州薫風」「桂林月宵」

(東山魁夷画伯の唐招提寺障壁画によせて)   ‘82 宝塚ベガホール

 

8.フルートソロのための「如」          ‘88 宝塚ベガホール

 

9.ミュージカル曲

・ヴォーカル「夢街道」

・挿入曲「月陰の街」(ピアノ)        ‘91 芦屋ルナホール

 

10.ギターソロのための「花伝之譜」         ‘92宝塚ベガホール

 

11.歌曲「大和国中」(短歌三首によせて) 

   「たそがれ」「忠告」「わがふるさと」    ‘92 香芝市もなみホール

(2018年CD化「歌は心で」九鬼桂子soprano)

 

12.中国笛と琴アンサンブルのための「山途」    ‘93 香芝市もなみホール

 

13.「橋本武先生を称える歌」

(元灘高校名教師の100歳を祝して)     2013 大阪香里能楽堂

(NHK・TV 夕方のローカル・ニュースの中でも一部紹介がありました)

 

以上

%e5%86%99%e7%9c%9f_181226

TOP